浦添は首里へ王都が移されるまで琉球王国初期の王都として栄えました。浦添の古い地名である『うらおそい』は、『浦々を支配』という意味もあります。また、のちの首里城の正殿は”百浦添”と呼ばれてます。

K.安波茶橋と石畳道(あはちゃはしといしだたみみち)

『安波茶橋』は(はっきりしてませんが)1597年に尚寧王が首里~浦添城の道を石畳道に整備したときに小湾川に架けられた石橋で、経塚と安波茶の谷間を流れる小湾川上流に架けられた南橋とアブチ川に架けられた北橋及び石畳道からなります。
琉球王朝時代に首里城と中頭、国頭方面を結ぶ宿道(幹線道路)として多くの人々の往来で賑わい、琉球国王もこの道を通って普天間宮に参詣したそうです。

手前が南橋、奥が北橋です。
橋の東側には、『茶山』という地名が残ってますが、戦前まで琉球王家の茶園でした。

別角度で南橋。左側に少しだけ北橋が写ってます。

タグ : ,


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0